株式会社ブリッジワン > blog > product > 防衛省規格に基づいた銘板

防衛省規格に基づいた銘板

防衛省や自衛隊に納品する際の銘板を作りたいのですが、規格とかわかりますか?」というお問い合わせをいただきます。

防衛省関連施設に納品する装備品には、その型番や仕様などを表記したプレート(銘板)を付けることが義務付けられています。

装備品本体だけでなくその銘板自体にも防衛省の規格が定められていますので、それに基づいて製作する必要があるんですね。

防衛省銘板、ブリッジワンでも対応しております!

防衛省規格-NDS(National Defence Standards)

国定規格(日本工業規格/JIS)が定められていない場合において、装備品等の標準化のため必要があるときに防衛大臣が制定する技術的な標準をいい、日本工業規格の規定に準じ、装備品等がその目的を果たすために備えなければならない要求事項、試験方法について定めています。
防衛装備庁HP – 防衛省規格NDSについて

規格には土木建築、機械、電気など複数の部門があります。銘板は「一般及び雑」部門、さらにその中の「角形銘板」(NDS番号Z 8011E)に該当し、ここで銘板の用途区分素材サイズ・表示内容デザインなどの範囲が定められています。

詳細は上記リンク先にある「防衛省規格目録PDF」から閲覧できます。

ブリッジワンの防衛省銘板

素材

金属製角形銘板の規定素材は黄銅板(真鍮)・ステンレス鋼板・アルミニウム板です。
ブリッジワンでは黄銅板(真鍮)とステンレス鋼板はエッチング加工、アルミニウム板はメタルフォトで対応しています。
いずれも高い耐候性が特徴で、1枚から製作可能です。

それぞれの表示方法を紹介した記事はこちらです。
エッチング(腐食)銘板の製作工程をご紹介します
アルフォトからメタルフォトへ

※アルミシールは数量により承っておりますのでご相談ください。
紙・布については申し訳ございませんが対応しておりません。

マーク

自衛隊の各マークもご用意しています。
自衛隊マーク

製作イメージ

防衛省銘板ステンレス防衛省銘板メタルフォト1防衛省銘板メタルフォト2

お問い合わせ

装備品の用途に応じた仕様でお見積もりいたします。
お見積もり依頼のほか、ご質問もお気軽にどうぞ!

東京銘板 お見積もり依頼フォーム