株式会社ブリッジワン > blog > product > ブリッジワンのテナント看板とよくある質問

ブリッジワンのテナント看板とよくある質問

テナント看板とは?

ビルに入居している会社や店舗がどの階数にあるかを案内している看板です。
テナントサイン」「ビル案内板」などとも呼ばれます。

設置場所はビルの外壁エントランスが多いですね。
どなたも初めて入るビルで、エレベーターに乗る前に確認したことがあると思います。

見た目や大きさはいろいろ。
たとえば西新宿とかの高層ビルだと、ロビーの壁いっぱいににぎっしり会社名が並んでいたりしますね。え~っと(゚ω゚;)てなるやつです(ならない?
かたや、古い雑居ビルのエレベーターにはA4サイズくらいの小さいのがついてたりしません? 書体もちょっとレトロなかんじで。

ブリッジワンで販売しているものは、このどちらでもない中間サイズ。
オフィス街でも住宅街の駅前でもよく見かける大きさだと思います。
お客様も個人オーナー町の不動産屋さん・看板屋さんなどが多いです。

今回はそんな地域密着型(?)のブリッジワンのテナント看板をご紹介。
それから、テナント看板のよくある質問についてまとめます!

ブリッジワンのテナント看板

FR アルミ案内板

FR アルミ案内板
ベース、表示基板ともにアルミ製のテナント看板。
親会社のサインメーカー、株式会社フジタのオリジナル型材を使用しています。
アルミ素材はお値段が手頃で、汚れが目立ちにくいのが特徴です。

表示はUV印刷が標準ですが、屋外使用の場合はカッティングシート文字貼りへ変更いたします。
規格は幅が約300、450、600mmの3種類。段数は4、5、6、8、10段があります。

FR アルミ案内板の掲載ページはこちら

FTS ステンレス案内板

FTSステンレス案内板
先ほどのFRアルミ案内板と同じ形で、表示面にステンレスを貼ったものです。
フレームは上品なステンカラー
ステンレスの輝きで存在感を高めたい方はこちらをどうぞ!

こちらもUV印刷からカッティングシート文字へ変更可能です。
規格は幅が約450、600mmの3種類。段数は4、5、6、8、10段があります。

FTS ステンレス案内板の掲載ページはこちら

FR、FTSの表示基板はどちらも付属の「アシストカード」を使って簡単に取り外せます。

SF ステンレス四方枠案内板

SFステンレス四方枠案内板
フレームにステンレスフラットバー、表示基板にステンレスダークグレーアクリルを使ったテナント看板。ちょっと硬派な印象です。

でも表示基板の取り外しはこの中で一番カンタンな「マグネット」。といっても2mm厚の強力なものなので、簡単に落ちてしまう事はありません。

こちらは屋外使用を前提としているためカッティングシート文字貼りが標準です。(もちろん屋内でもどうぞ!)
規格サイズは幅が約460、610mmの2種類。段数は5、6、8、10段があります。

SF ステンレス四方枠案内板の掲載ページはこちら

SA アクリルSUSベース案内板

SAアクリルSUSベース案内板
ステンレスのベースにクリアアクリルの表示基板を乗せた、すっきりシャープな印象のテナント看板。


表示基板は左右の化粧ビスで固定されています。

こちらも屋外使用前提ですのでカッティングシート文字貼りが標準です。
こちらは画像の幅500×高620mm、案内名+6段の1種類。サイズや段数変更はお見積もりとさせていただいております。

SA アクリルSUSベース案内板の掲載ページはこちら

ACS アクリルカラーシート案内板


クリアアクリル1枚板のシンプルなテナント看板。
ご覧のとおり各階ごとの取り外しはできません。ただし文字はカッティングシートなので名前が変わった時は貼り替えていただくこともできます。
文字の背景は裏貼りのシートで、全7色からお選びいただけます。

規格サイズは幅が約400、700mmの2種類。段数は5、6、7、8、9、10段があります。

ACS アクリルカラーシート案内板の掲載ページはこちら

テナント看板の別注サイズについて

ここで紹介したテナント看板(案内板)はすべてサイズや段数変更が可能です。

ただし規格サイズよりも極端に大きい、または小さいサイズには対応できない事がありますのでご了承ください。
(特注仕様でご提案できる場合もございます)

ちなみにFR、FTSは型材を使用している都合で、1段ごとの高さ自体は変えない方がお値段が抑えられます。

いずれにしてもまずはお気軽にご相談ください。

こんな時はどうするの?テナント看板のよくある質問

まだ全部のテナントが決まっていないんだけど・・・

ブリッジワンのテナント看板の価格分類は、「(全段)無地」と「(全段)表示入り」の2種類です。そのためご注文段階で一部名前が入らない段があっても「表示入り」でご注文いただいております。ただしこれには全段分の表示料金が含まれていますので、テナント名が決まり次第お知らせいただければ、無地段の原稿作成と表示入れを無料で承ります。その際は無地の表示基板を弊社工場へお送りいただきます。

【ご留意点】
表示基板の往復送料はお客様ご負担となります。また、1F、2Fなど既に表示を入れてある場合は対象外となりますので、表示の追加という形でお見積もりいたします。

テナントが退去したので名前を消したい。名前を変えたい。

  • ブリッジワンのテナント看板(ACSを除く)は、表示基板1段ずつのご注文も可能です。本体をご注文いただいたお客様向けのためサービス価格で販売しています。
    無地に戻したい、名前を変えるついでに綺麗な表示基板にしたいという方におすすめです。
    また、製作済みの表示基板がUV印刷の場合は文字を消すことができないため、何かしら変更をする時は表示基板の買い替えが必要となります。
    価格例:FTS450用1段 無地4,000円 表示入7,000円(税抜、送料別途)
  • 製作済みの表示基板がカッティングシート文字貼りだった場合は、貼り替えることもできます。新しい名前のシート文字をご依頼いただき、お客様で剥がし・貼り作業を行ってください。ご自身での作業が難しい場合は、表示基板をお送りいただいて弊社で作業を行うこともできます。
    価格:文字量、作業量により都度お見積もり

既存の看板を使いたいけど販売元がわからない。中のプレートだけ作れる?

既存のテナント看板が金属の型材でできている場合(今回紹介したFRやFTSのように、噛み合わせなど着脱に仕掛けがあるものは型材のことが多いです)、見た目が似ていても残念ながらうまくはまることはほとんどありません。
ただしブリッジワンやフジタ製品である可能性もありますので、製造元不明の場合は一度写真をお見せください。

規格品以外で対応できるものは以下のようなケースです。すべてお見積もりとなります。

  • 溝に差し入れるだけのアクリル板など、単純なプレート製作。
  • 薄いステンレスやアルミでプレートを製作し、お客様ご自身で既存プレートに重ね貼りしていただく。
  • カッティングシート文字のみを製作し、お客様ご自身で前の文字が剥がし・貼り作業をしていただく。

【ご留意点】
経年したカッティングシート文字は剥がした跡(ヤケ)が残ります。
既存看板のサイズをしっかり測っていただく必要があります。
間に合わせで直していると素材や書体が違ってきたりして、なんともバラバラな雰囲気が出てきます。(それも味といえば味?)

お問い合わせ

名前の入れ替わりにともなって、つぎはぎになりがちなテナント看板。
今あるものを使い切っていただいて、なかなか汚くなってきたなー。と感じたらブリッジワンのテナント看板もご検討ください。
ご注文時のレイアウト原稿を保管していますので、差し替えがしょっちゅうあっても表示の統一感が保てますよ。

仕様の詳細やご注文は各商品のリンクからどうぞ。

お問い合わせやお見積もりのご依頼はこちらへ!
会社看板・表札販売サイト お問い合わせ

中原

サイト制作にまつわる仕事が中心ですが、時によって営業事務や総務や雑用をします。フワフワした立場です。

中原の書いた他の記事