株式会社ブリッジワン > blog > product > 通販会社が今までにやってきた施工。【その1 大型黒板施工例】

通販会社が今までにやってきた施工。【その1 大型黒板施工例】

こんにちは。
毎月毎月風邪を引き、あまりの治らなさにやさぐれて冴えない秋冬を過ごした中原です。
でも!来ましたね!やっと!春が・・・!
気を取り直してヘラヘラしたいと思います.._φ(゚∀゚ )

さて、このブログは「看板」や「室名札」に関する記事がほとんどですが、
実はこれらに負けない主力商品が他にもあるんです。

ブリッジワン運営サイトで売上2位、全体の3割を占めているのに
こういう場でほとんど取りあげてもらえないあの人。

それは・・・

唯一キャラクターっぽいものが潜むサイト・・・
彼が両手に持つのはチョークとラーフル(なんです一応)。

そう、「黒板・ホワイトボード」です。



大型ホワイトボード・黒板専門店

ブリッジワンでは学校教室で使う位から、さらにそれ以上の「大型サイズ」をメインに販売しています。
お客様は建設関係の業者様から学校・企業・個人の方までさまざま。
相当ニッチな商品ですが、ありがたいことに日々全国からご依頼をいただいております!

しかし看板に比べると新商品などのトピックスが少ないので、ブログに登場する事がなかなかないんです・・・。

そんな大型ボード販売の特徴のひとつが「搬入施工サービス」。
通販ですので基本は商品発送までですが、エリアや内容によっては施工も承っています。
施工経験がないお客様や、完成品で運べないサイズの場合にご利用いただいています。

取付施工サービス

ということで、今日は大型ボードの施工例を紹介したいと思います。
ブリッジワンこんなのもやってんだーと知っていただければ嬉しいです。

初回は「黒板編」です。ではどうぞ!!

1.  正統派な学校黒板

学校黒板 施工

ご依頼主
千葉県 スカイ総合ペット専門学校様
◆ご注文商品
FB2712 スチールグリーン平面黒板 W2700×H1200mm
粉受・チョークボックス付き

子供の頃から慣れ親しんでいるチョーク書き黒板。小中学校は今でも黒板がメインです!
とはいえもちろん児童専用ではありません・・・大学や専門学校、予備校にも黒板派の学校様がいらっしゃいます。

書き消しの際にチョークの粉が下に落ちるので、標準仕様の「粉受付き」がおすすめ。
オプションの「チョークボックス」(画像右下)も付けられる方が多いです。

詳しいレポートはコチラ

2.  便利な機能付き黒板

UDスライダー黒板

スライダー黒板 施工

◆ご依頼主
千葉県 某私立大学付属高校様
ご注文商品
UDFB3612 スチールグリーンUDスライダー黒板 W3600×H1200mm
粉受・チョークボックス付き

児童や座っている方にも使いやすい、書く人に合わせて高さを変えられる黒板。正面にあるブレーキ解除ハンドルを使って約60cm上下できます。

裏の昇降装置(UDメカ)の取付は施工経験が必要です。また、メカは50kg程度と重いので壁によっては下地処理や補強をすることになります。

上下黒板

上下黒板 施工

◆ご依頼主
東京都 統計数理研究所様
ご注文商品
ホーローグリーン上下黒板 W1800×H1800mm
粉受・チョークボックス付き

2枚の板面を縦に入れ違えて使う黒板です。学校の理科室がコレだった人、多いですよね!
横幅をとりがちな大型サイズも、上下に長くすることで壁のスペースを有効的に使えます。

上下黒板もチェーンや滑車などを使った昇降装置を調整して2枚のバランスをとっていくので、施工経験が必要になります。

黒板の表面は「スチールグリーン」にする事がほとんどですが、この時はより上質な「ホーローグリーン」をご依頼いただきました。
ホーローといってもツルツルではなくて、ちゃんとチョーク書きですよ。

詳しいレポートはコチラ

曲面黒板

曲面黒板 施工

◆ご依頼主
神奈川県 浅野工学専門学校様
ご注文商品
CB3612 スチールグリーン曲面黒板 W3600×H1200mm
木製捨て枠白塗装 粉受・チョークボックス付き

板面をゆるやかにカーブさせた黒板です。写真で伝わるでしょうか・・・汗
カーブが採光の反射を抑えるので、平面黒板に比べて文字の見やすさがアップします。

曲がった板面と平坦な壁面の間をつなぐための「捨て枠」を使うのが特徴。
奥行きが出るので、どっしりとした感じがします!

詳しいレポートはコチラ
こちらもご参考にどうぞ。黒板サイト内ブログ記事: 曲面黒板と半曲面黒板とは?

3.  リニューアル

黒板リニューアル 施工

◆ご依頼主
東京都 渋谷区某施設様
ご注文商品
RB スチールグリーン張り替えボード W3563×H1160×D5.9mm
アルミ枠用押材使用

既存の本体はそのまま、表面材だけを新しく取り替える張り替えボードです。
画像の下が施工前の状態、上が張り替え後です。

「張り替え」と呼びますが、実際の作業は「重ね貼り」という方が近いですね。

張り替えの魅力は何といっても低コスト。工務店さんから地元の学校さん用によくリピートいただく商品です。一般のお客様にはこのように施工共でご依頼いただくことがあります。

お見積もりやご注文には、お客様ご協力による既存ボードの採寸が必要です。
ご検討中の方はこちらもご一読くださいませ。  黒板販売サイト:張替ボード

黒板・ホワイトボード担当者から

滅多にないことなので、ここぞとばかりに挙げてみました!

書きながら結構いろいろとやっているもんだ・・・と感じました。
もちろん、「通販にしては」ですが。

大手の黒板メーカーさんはもっと色々な事ができます。例えば電子黒板や、壁を全部ホワイトボードに変えたり、新築改修物件などなど・・・スケールが大きいですね。
当然営業マンがいますし、施工前の現地調査もあり、おまかせできて安心だと思います!

上に挙げたもの、ブリッジワンではほとんど対応できません。
そのかわり、ショッピングサイトでは扱えない大型サイズの黒板を、どなたでも1枚からお得にご購入いただける・・・というのがブリッジワンの特色です。

営業担当がおりませんので、申し訳ございませんがお客様の元へご説明等にお伺いすることが叶いません。
採寸や現場状況などの必要事項がある場合は、お客様にお調べいただいたご申告を元に、メールやお電話のやりとりで発送や施工までを行っています。

今回挙げた事例も現調なしで施工依頼された猛者の方々です。←売っといてなんですが

特に関連業種ではないお客様にとっては慣れないことでご面倒をお掛けしますが、私どももなるべく分かりやすいように対応させていただきます。

今後ともブリッジワンの大型ボードをよろしくお願いします!!

(まとまった・・・!!)

と見せかけて続くんですよ~~~( ゚∀゚)

次回は「ホワイトボード編」です!
ではまた!

大型ホワイトボード・黒板専門店のブリッジワン