株式会社ブリッジワン > blog > product > 株式会社や有限会社 英語でどう表記する?

株式会社や有限会社 英語でどう表記する?

こんにちは、ブリッジワンです。
突然ですが、御社名の英語表記は決めていらっしゃいますでしょうか?
英語表記を特に定めていない会社様でも、看板製作時に改めて考えてみようかな?という機会があるかもしれません。
今回は会社名を英語表記する場合のよくある例と、ブリッジワンでの製作例をご紹介いたします。

英語表記の会社名を考える

英語表記を入れるメリットは、「看板・名刺・封筒などを制作する際、デザインのアクセントになる」「グローバルな会社イメージを与えられる」…などが挙げられます
実際に日本でよく使用される「株式会社」の英語表記はこんな感じです。

「株式会社」の英語表記意味
Co., Ltd. / Co. Ltd.Company Limited(有限責任の会社)の略。
「,(カンマ)」はなくても良い。
Ltd.Limited(有限責任)の略。イギリスで一般的。
Corp.Corporation(法人企業)の略。アメリカで一般的。
Inc.Incorporated(法人企業)の略。アメリカで一般的。
K.K.株式会社(Kabushiki Kaisha)の頭文字。
日本国内でしか意味が通じないため、一般的にはあまり使われない。


日本では特に「Co., Ltd.」が多く使用されているようです。
「Co., Ltd.」は株式会社・有限会社・会社の規模に関わらず使用でき、迷ったらこれ!と言ってしまっても良いかもしれません。

しかしながら、あくまで看板に使用するのみであれば、上記のどれを採用しても日本においては問題ないようです。(※登記などはまた別)
よって、文字数等を考慮して見栄えで選ぶのもアリということになります。
ちなみにですが、ブリッジワンは「Bridgeone Co., Ltd.」を使用しております。

Tips:「Co., Ltd.」の規則
「Co.,(またはCo.)」と「Ltd.」の間には半角スペースを、省略した文字の末尾には「.(ピリオド)」を入れるのが正式です。また、頭文字のみ大文字にするのが良いとされています。

例)
Co.,Ltd → Co., Ltd.(,とLの間に半角スペース、末尾にピリオドを追加)
CO., LTD. → Co., Ltd.
(頭文字以外は小文字に変換)


なお、「株式会社」の他にも、会社名に含まれる単語を英語表記にするか、ローマ字表記にするかも考える必要があります。
例えば「〇〇工業株式会社」という社名の場合、「工業」の部分を「INDUSTRY」にするのか、「KOGYO」にするのか、といった具合です。
迷ったときは、似た会社名で検索し、他社はどんな英語表記を定めているのか、リサーチしてみるのもおすすめです。ホームページのフッター(一番下の部分)や企業情報ページに記載されていることが多いようです。

英語表記を入れたデザインで作る会社看板

ブリッジワンでは、シンプル価格のレイアウト選択欄に予め「英語表記入り」をご用意しております。

▲ 「レイアウト」欄の画像をクリックすると…

▲ レイアウトサンプル一覧がご覧いただけます

上記レイアウトサンプルの「5.」「6.」が英語表記入りに該当します。
こちらを選択した場合は、「印刷文字」欄か「備考」欄に英語表記をご記入ください。
特にご記入がない場合、適宜こちらでローマ字変換などを行い、仮の表記をご提案することもありますが、内容に間違えがないか必ず最終のご確認をお願いいたします。

※ロゴ入り価格でももちろん英語表記入りデザインが可能です。ご希望の表記がありましたらお知らせください。

英語表記入り看板 実例

ブリッジワンの納入事例から、英語表記入り看板の一部をご紹介いたします。
是非ご参考になさってください!

おわりに

会社看板をご検討の際は、デザインのアクセントとして、海外とのお取引の備えとして、是非御社名の英語表記も併記されてみてはいかがでしょうか!

▼会社看板のサイトはこちら
『会社の看板・表札・サインの通信販売 ブリッジワン』
http://www.bridge-1.jp/

西田

柴犬と豆乳が好きな原稿担当です。デザインの面でお客様をサポートいたします!

西田の書いた他の記事